に投稿

春らしいシャツの選び方

春はジャケットを脱いで過ごす時間も増えて、シャツのおしゃれを楽しむ絶好の季節です。春らしいシャツを取り入れると、季節感に合っていておしゃれに着こなすことができます。

色や柄、生地にこだわるとおしゃれ度がアップします。色は春らしさを感じるパステルカラーや白などの清潔感があって、さわやかさがある色は好まれます。淡いピンクやサックスブルーなどのやわらかい色合いはビジネスシーンでも合わせやすくおすすめです。

春っぽい柄としては、ギンガムチェックやストライプが人気です。白を基調とした柄物はきちんと感があるもののカジュアルにも着こなすことができます。

生地は、綿のブロードシャツやオックスフォードシャツがおすすめです。ブロードはほどよい光沢感があるので、ビジネスシーンに最適です。オックスフォードはカジュアルに着こなしたいときに向いています。

に投稿

ネクタイにアイロンをかけるときのポイント

ネクタイは、着けたあとそのまま保管される場合が多いですが、着けている間にシワがついている可能性が高いため、定期的にアイロンがけをすることが重要です。

しかし、その際には気をつけるべきポイントがいくつかあります。
ネクタイにはアイロンを直接当ててはいけません。

生地が傷んでしまい、寿命が縮んだり、見た目を損なう可能性があるからです。
ですから、間接スチームを当てることが重要です。

ネクタイに当て布を当て、その上からスチームアイロンでスチームを当てることで、シワをなくすことができます。

また、その際に、菜箸を用いてネクタイを上げることで、仕上がりをふんわりしたものにでき、より上品で高級感のある印象を与えることができます。

アイロンがけが終わったら、水分が飛んだことを確認したあと、そのまま平らに置いておくのが一般的です。適切な方法で、ネクタイを仕上げましょう。

に投稿

ストレッチスーツとはどのようなスーツなのかやメリットや選び方を紹介します

ストレッチスーツとは、動きやすさに特化した機能性が高いスーツになります。ストレッチスーツは一般的なスーツで使用される生地とは異なって、伸縮性が高い素材が使用されています。
ストレッチスーツは伸縮性があるので、シワになりにくいことから綺麗なシルエットを維持することができる点や、着用した際に窮屈さがない点などがメリットになります。
ストレッチスーツの選び方は、伸縮性があるポリエステル、ポリウレタンなどの生地で作られているものかどうかチェックするようにしましょう。
適正なサイズのものを選ぶことが重要になります。サイズが小さすぎると、縫い目に負荷がかかって生地を傷めてしまう恐れがあるので、ジャストサイズのものを選ぶようにしましょう。
に投稿

印象をアップするのに有効なネッカチーフとは

ネッカチーフとは、男性の首元をおしゃれに演出する正方形の布を指します。スカーフの小型版と考えれば非常に理解できるでしょう。防寒にもなり、文様や素材もたくさんあるので非常におしゃれな印象にすることが出来るんです。オフィスカジュアルのスーツやシャツにあわせれば洗練されたこ慣れた大人な雰囲気にすることができます。カジュアルなパーティーやデートなどに首に巻いていくと、非常にスタイリッシュで個性が際立つ装いにすることも出来ます。差し色とするならば明るい色目の物を選び、模様があるものを選ぶことがおすすめです。折り方や巻き方なども豊富に存在するので、ネットなどでその方法を学び日替わりで変化をつけて楽しむのも良いでしょう。

に投稿

大人の男性におすすめのテーラードジャケット

簡単に大人っぽいおしゃれを演出したいのであれば、テーラードジャケットを試してみてはいかがでしょうか。かっちりとしたシーンで多用されるスーツに近いデザインを持っているため、羽織るだけで大人に相応しい雰囲気を漂わせることができます。

ただし大きめのサイズが流行っているからといって、大きめのジャケットを選ぶことはあまりお勧めしません。ダボダボとした見た目になってしまうので、逆にカジュアルな印象を与えることになるからです。カッチリしすぎるのも普段着としては相応しくないため、多少肩が落ちる程度のものを選んでおくと失敗がありません。

色については紺色をおすすめします。黒色も良いのですが他のパンツなどに合わせづらく、紺色ならば清潔感もあるので使いやすいはずです。

に投稿

スーツの手入れで重要な匂いケア

清潔なスーツは良い印象を与えるため、スーツの手入れに気を配っている人は多いです。

スーツの手入れで重要なのが匂いケアです。

汗を吸収した生地は雑菌が繁殖する原因になるので、適切な匂いケアが必要になります。

匂いケアの方法には様々な方法がありますが、高温のスチームを使ったケア方法は広く知られています。

高温のスチームで気になる匂いを取った後に、ハンガーに吊るして陰干しをするだけです。

消臭スプレーを使う場合は、無香料のスプレーを使うのが基本です。

クリーニングは、スーツの匂いケアで最も効果が期待できます。

プロがクリーニングを行うので、清潔になるだけでなく新品のような美しい仕上がりを楽しめます。

自宅で洗う方法もありますが、クリーニングはプロに任せた方が安心です。

に投稿

スーツを買うならオーダースーツが良い理由

スーツを購入したいと考えている人は、既にできあがっている物を購入するよりも、オーダースーツを手に入れても良いかもしれません。オーダースーツの特徴は、その人の身体に合わせてサイズを測りぴったりの大きさのものを作ってくれることです。かつてオーダースーツは非常に高額でしたが、最近は比較的安く作ることができます。

安く作ることができる理由は、昔のように人間が手作業で来るわけでは無いからです。パソコンに情報をインプットすると、それに合わせたサイズのものが自動的に出来上がる仕組みを採用しているからです。パソコンを使うことにより、時間と作業の手間を大幅に省略することができるため、結果的にそれほどお金をかけずに購入することができます。

に投稿

パターンオーダースーツはシンプルに選べてわかりやすい

これからスーツを購入する際に、種類がとても多くて困ることがあるのかもしれません。選択肢が多いと買い慣れていない人は大変です。そう言う人にピッタリなのが、パターンオーダースーツです。これなら選択肢がシンプルになっていますので、あまり慣れていない人も安心して選ぶことができます。

お店やブランドによっても違いがありますが、大抵の場合はモデルとボタンや股下と裾のデザイン、サイズを選ぶだけで済みます。既製品をモデルにして作っているパターンオーダースーツならではのことです。何をどう選べば良いのかがわからない人であっても、これくらいであれば自分で選ぶことがきっとできます。スーツを購入する時の参考にすると良いでしょう。

に投稿

パターンオーダースーツを選べばスーツを早く作ることができる

スーツを早く作るためには、パターンオーダースーツを選ぶことがおすすめです。これは既成モデルから最も自分の体型に近いパターンを選択してスーツを仕立ててもらう手法であり、イチから型を起こす必要がないのでスピーディーな感性が期待できます。イージーオーダーを選んだとしても納期まで3週間から1か月ほどかかってしまうケースが多いですが、パターンオーダースーツであれば2週間前後で納品されることも多いです。もちろん、完成までの日数は利用するサービスごとに違っていますが、他のオーダー方法よりも早くなりやすいことを覚えておくと良いでしょう。なるべく早くスーツを仕立てたいと考えている場合は、この方法で注文することを検討してみてください。

に投稿

安い価格でスーツを購入したいならパターンオーダースーツがおすすめ

安い価格でスーツを買いたいと考える場合は、パターンオーダースーツがおすすめです。こちらは比較的安くオーダースーツがつくれる手法だと言えます。既製品の型紙を参考にしてスーツを仕立てるので、フルオーダーと比べると安く済むことを知っておきましょう。フルオーダーであれば20万円ほどのスーツが、この方法で注文すれば2万円や3万円ほどで買えることも多いです。予算は少ないけれどオーダースーツをつくりたい場合、初めてなのでいきなり高いものを買うことに抵抗がある場合などにおすすめだと言えます。フルオーダーと比較すると制限される部分もありますが、最近はパターンのバリエーションや適用できる生地の種類が豊富な店舗も多いため、好みのスーツを手に入れられる可能性が高いです。